2010年07月18日

耳垢情報局【目次】

耳垢に関する、病気・症状・エピソードなどを掲載しています。
ごゆっくり、お読みください。

【病気・症状など】

外耳道炎(がいじどうえん)について

耳の中に、痛みや痒みを感じたら炎症を起こしているかも!?

考えられる原因・症状などを、まとめました。

耳垢栓塞(じこうせんそく)について

耳かきはしてますか?または、耳かきを適切にしてますか?

垢が詰まると、起こりやすい症状などをまとめました。

ワキガ判別法

DNAと何か関係があるようです。

赤ちゃんの難聴について

音が聞こえにくいのは、耳垢が原因かもしれません。

犬の外耳道炎

何かSOSは、発信されてませんか?

なりやすい犬の種類などもまとめました。


--------------------------------------------------------------------------------

【耳かきなど】

ダイエットも兼ねる方法

耳かきついでにつぼを押して、ダイエットができます。

耳かきを、嫌がる・怖がる人への対処法

子供への対処法

上手な耳かきの方法を、まとめました。

鼓膜に注意!

考えられる、危ないと思われる状況や、鼓膜について。

子供への耳かき体験談

私が息子の耳かきをする場合です。


--------------------------------------------------------------------------------

【エピソード・その他など】

美への意識

小さなことかもしれませんが・・・。

耳エステについてと、つぼについて。

ヒーリングとダイエット。

カメムシアタック

世の中何が起こるかわかりません^^

耳に関する商品の種類は少ない!?

実際に探してみました。

ニオイショック!

垢が臭い、と言われたときの体験談です。

耳垢栓塞体験談

私の友人の体験談です。

久しぶりの耳かき

私の感想です。

間違えて理解していたこと

身近にあるけど、あまり気づかれない病気の種、耳垢

以前の私

耳垢に関する知識が乏しかった頃の話です。

味の検証

実際にどういった味がするのか?体験しました。

子供のほじほじ癖

小さい頃に直しておかないと、大人になってからでは難しいです。

耳垢のたまる原因は何だろう?

ありえそうな原因を考えてみました。

posted by みみやん at 02:01| Comment(0) | 耳垢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

耳垢を「美」を意識して考えてみませんか?

耳垢は普通、自分では見えない位置にあるものです。
鏡をのぞきこんだとしても、完全に確認できるものではありません。
ですから自分で耳垢を取っている方は、
「なんとなく」で取っているのではないでしょうか?

私も「なんとなく」取っています。
しかし以前あったことなのですが、
他人から「耳垢が出てるよ」と指摘されたときには、
恥ずかしい思いをしてしまいました。
(それなりにきれいにはしていたつもりだったのですが・・・。)


最近では耳エステのサロンが普及していることもあり、
耳に対する美意識が高まっているように思えます。
また、そういったことにより、
「耳」という部分も見られる頻度が多くなっているように思えます。

ですから耳垢を取る時に今よりもう少し意識して、
丁寧に取り除いた方が良いと思うのです。
耳エステを一度試してみるのもいいかもしれません。
それだけで意識的なものが、かなり変わってくると思います。


しかし、このエステという分野は女性は素直に行くことができるでしょうが、
男性からすれば少しためらってしまう部分もあります。
それに、ある程度時間の余裕がないと耳エステのサロンに行ってみよう、
なんて気にもなりません。

それはそれで仕方がないのですが、やはり耳垢は露出しているものなので、
他人を不快にさせない程度にはしておきたいものです。

耳垢を取る際には、今までより少し「美」を意識してみましょう!
小さな「きれい」が差を生むかもしれませんよ!?
ラベル:耳エステ
posted by みみやん at 18:39| Comment(0) | 耳垢取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

耳垢を取りながらダイエットをする方法

耳垢の役割って、結構知られていない部分が多いと思います。
実は殺菌作用があったりするのですが、たまりすぎるのはよろしくありません。
となると、やはり取らなければなりません。

耳垢を取る時に、ついでにダイエットできたら良くないですか?
そして継続してできることならば、より良いですよね?
さらにお金のかからないダイエットであれば、より一層良いですよね?

ご存知の方も多いかもしれませんが、「耳つぼダイエット」という、
つぼ押しのダイエット方法があります。
これはお金も手間もかからないという、面倒くさがりな方向けのダイエット方法です。


人の耳にはとても多くのつぼがあります。
その中でも、ダイエットに関するつぼの名称と場所を紹介します。

・食欲を抑えてくれる、飢点(きてん)。
 耳穴の前の軟骨の中心あたり。 

・食事を制限している時の、イライラを和らげる、神門(しんもん)。
 耳の上部内側の真ん中。

・胃の働きを整えてくれる、胃(い)。
 耳輪脚の終末部。

・食欲を押させてくれる、肺(はい)。
 胃と内分泌の中間あたりのエリア。

・新陳代謝の促進効果のある、内分泌(ないぶんぴつ)。
 珠間切痕の底部。


耳垢を取るついでにこれらを押すことによって、
お金もかからず、手間もかけず、継続してダイエットを続けることができます。
時間や場所に縛られないところも良いところです。

つぼの場所が分からない場合は、全体的に引っ張ったり揉んだりすることで、
その効果を期待することができます。
posted by みみやん at 23:19| Comment(0) | 耳垢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

耳垢を取り除く耳エステ

耳垢を取り除いて、さらにマッサージまでしてくれる耳エステのサロンがあることをご存じですか?
私は【耳エステ】という言葉を聞いたことはあるのですが、
具体的に何をしてくれるとこなのかは知りませんでした。
というわけで、主にどういったことをしてくれるのかを調べてみました。

・耳かきとケア
・マッサージとつぼ押し


【耳エステの耳かきについて】
イヤースコープを使い、モニターを見ながら耳垢の除去をしてくれるようです。
プロの方が掃除をしてくれるようなので、安心して任せられるというのが好評のようです。

自分以外の誰かに耳垢掃除をされると、とても気持ちがいいものです。
つい、ウトウトしてしまいます。
こういう癒され方もいいですね。


【ケアについて】
産毛などの処理をしてくれるそうです。


【マッサージについて】
普通に生活していれば、頻繁に触るところではない耳周りをマッサージしてくれるようです。


【つぼ押しについて】
体に良い効果のあるつぼを押してくれます。
とはいうものの、耳にはなんと110ものつぼがあるらしいです。
ですから、揉む・擦る・引っ張るなどしてつぼを押される可能性があります。
だからちょっと痛いかも・・・。

しかし、ここのつぼにはダイエット効果もあります。
お金のかからないダイエットで、しかも簡単なので、自分でもできます!


耳エステのサロンは全国にあるそうです。
ヒーリング効果にダイエット効果も兼ねているので、1度試してみる価値がありそうです。
posted by みみやん at 14:16| Comment(0) | 耳垢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

耳垢を取らせてくれない人への対処法

自分の身内のお年寄りで、耳が遠くなっている人はいませんか?
または、自分の子供が耳かきを嫌がってませんか?
お年寄りで、耳が遠いというのは、半ば仕方のないことかもしれません。

でも私、気づいてしまったんです!
そういえば、自分のおじいちゃん、おばあちゃんの耳の中を、見たことがなかった、
ということに・・・。

実際に見たことがあった人は、相当びっくりすることがあったようです。
なぜなら、耳垢がとても詰まっていたからです。
それに、長年蓄積されたからでしょうか?
とても硬くなっていたらしいです。

こういうことも、大きな声で話しかけても反応が悪い、という原因になっているのではないでしょうか?

こういう場合、まず、耳垢を取ってあげないといけません。
そのときにする対処として、まずは、薬局で耳垢水(じこうすい)というものを購入しましょう。
これは、耳垢を柔らかくするものです。

そして、少しずつ取ってあげましょう。
一気に取ろうとすると、怖がらせることになりますし、危険です。
危ないと思ったら、無理をせずに、お医者さんに見てもらってください。


つづいて、子供の場合の対処法です。
おとなしくしている子供のほうが少ないでしょうから、
これはかなり厄介なことになると思います。

本来、耳垢は除菌効果もあるらしいので、取りすぎるのはよくないのですが、
お医者さんに指摘されたときは、取らなければなりません。

あまり痛くない方法として、ベビーローションを使うという手があります。
でも、耳垢がこびりついていて、なかなか取れないときは、
素直にお医者さんに取ってもらってください。
親が無理に取ろうとして、かえって耳の中を傷つけてしまうことがあります。
ラベル:耳垢
posted by みみやん at 03:23| Comment(2) | 耳垢取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

子供の耳垢掃除について伝えたいこと

年齢が一桁の子供に多いのですが、耳垢掃除を嫌がるという話をよく耳にします。
掃除をすることに、「怖い」というイメージを持っているのが原因なのですが、
なぜそう思っているんでしょうか?

それは、耳垢掃除をするときに、過度の力で耳の中をぐりぐりとされるために、
「恐怖」を感じてしまうわけです。
掃除を通り越して、皮膚をはがしている可能性があります。

私自身、小学生のころに母親にされる耳垢掃除が怖くて、とても嫌がっていました。
自分でするようになってからは、加減ができるので、怖いという感覚はなくなりました。

ですから、掃除を嫌がる子供に対して、無理にするのはよくありません。
加減をしているつもりでも、やはり本人にとっては怖いという感覚のままですから・・・。

ただ、親としては少し心配な面、不安な面があると思います。
だから、耳の入り口程度の拭き掃除にとどめておきましょう。
ベビーローションなどを使うと、やさしく拭けます。

掃除を全くしなくても、とくに問題はないという話もあります。
一応根拠があるのですが、それは、勝手に垢が剥がれ落ちるからということです。
耳に病気のある人や、年配の方は、機能の低下により、これにあてはまらないこともあります。

掃除をしなくても良いということを、書いてしまいましたが、
しかし、身だしなみは大事です。
他人に不快感をあたえるよりも、あたえないほうが本人にとって良いと思います。


そういえば小学校などで、耳鼻科検診なるものがあります。
たまにこの検診にひっかかる子供がいます。
なぜひっかかるのか?
その理由で多いのが、耳垢が多いから、というものです。

耳垢が多いと、お医者さんは検診ができません。
つまり、耳の病気があるのか?ないのか?がわからないのです。

わからずじまいだと、時として子供は悲しい思いをすることになります。
それはプールに入れない、ということです。
耳の病気の有無がわからないので、とりあえずプールには入れません。

こうならないためにも、ある程度耳垢掃除はするようにしたほうが良いです。
ラベル:耳垢
posted by みみやん at 21:16| Comment(0) | 耳垢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

耳垢とカメムシ

室内にいるときよりも、外にいるときのほうが、
圧倒的にアクシデントが多いのは、私だけでしょうか?


今日もとんだ災難にあってしまいました。
外で、缶コーヒーを飲みながら、知り合いと雑談していたときのこと。
そこの地面は、赤土だったのですが、(後で気づいた。)
雑草が結構生えていました。

そのことなどには、全く気にしていなかったのですが、
知り合いの人が突然暴れだしたのです。

「うわっ。おいっ。なんだこれ?」

得体の知れないものと戦っている様子でした。
私は人事なので、大変楽しく拝見させていただいたのですが、
私にも変化がやってきました。

完全に、耳の穴に何かが進入しているのです。
いきなりです。

慌てた私は、指で取ろうとしました。
しかし、指先よりも小さいものを引きずり出すのは、
非常に困難でした。
耳の穴を下にして、飛んだりはねたりして、なんとか取り出すことに成功しました。

耳から落ちた、その物体を見てみると、
なんとカメムシです。

カメムシと言えば、臭くて有名です。
とりあえず指を臭ってみました。
当然とんでもない臭いがしました。
この臭さは、おならとかとはまた違った、なんともいえない臭いでした。

こういうようなことが起こり、私はおもうことがありました。
私の耳垢の臭いが、引き寄せているんじゃないのか?と。
もしくは、耳垢をエサと勘違いしているんじゃないのか?と。

私の耳の穴が、多分一般的に見ても大きいほうだと思うので、
ありえなくはないなぁと思ってしまいました。

こんなレアな体験は、なかなか無いので、まあひとまず良しとしこうと思った1日でした。
ラベル:耳垢 独り言
posted by みみやん at 23:11| Comment(0) | 耳垢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

久しぶりに耳垢を取ってみた

耳垢を綿棒で取ってはいけないと知って、どのくらい経ったんでしょうか?
そのことを知って、耳垢吸引機を買おうと思ったけど、
値段とでかさにためらってしまいました。
そして自分の耳垢のことなど、しばらくの間、すっかり忘れていたような気がします。

でもやっぱり、完全に忘れることなどできません。
なんせ耳の中が、ものすごく痒くなってきますから。

痒いと、指でちょっと耳をほじっちゃうんですよ。
こうなったらもう止められませんでした。
綿棒をコンビニに買いに行き、車の中で耳垢を取ってやりました。

そしたら、「これでもか」って言うぐらい、本当に大量の耳垢が取れました。
本当の意味での快感でした。

幼い頃にこけて、ひざをすりむいて、かさぶたができ、
そのかさぶたを、いい感じのときに「ぺりっ」と取る感じと同じです。

でも取った耳垢の一部が、湿っぽいのがものすごく気になりました。
たまたまだといいんですが・・・。
体臭に関わってこないでほしいです。

でも気になりだしたら、解決したいです。
とりあえず応急処置として、体にふりかけるスプレーを購入しました。
こういうものを久しぶりに使うと、10代の頃の色気づいていた頃を思い出します。
それにしてもいい臭いです。

ひとまずは安心しました。
これでゆっくりと眠れそうです。
耳垢について思うことがあります。
それは、またいっぱい溜まったときに取ろうかな?です。

駄目なのは分かっているけど、どうしよう?
明日になったら、自然に自分の耳垢のことは忘れてしまいそうですけど。
ラベル:耳垢 独り言
posted by みみやん at 00:21| Comment(0) | 耳垢取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

赤ちゃんの難聴・耳垢が原因の場合

赤ちゃんがお腹にいるときは、どれだけ健康なのかが、いまいち分かりません。
無事に生まれてきたと思うのもつかの間で、
初めての子供に異常を感じたら、あわててしまいます。

耳が聞こえないのではないかな?と思ったら、以下のようなことが考えられます。


【症状】
・音への反応が悪い。
・耳が遠い。耳の聞こえが悪い。
・耳垢が溜まっている。
・耳をものすごく気にしているように見える。
・耳を何かにこすり付けている。

【病名】
おそらく耳垢栓塞(じこうせんそく)か、外耳道炎(がいじどうえん)です。

耳垢栓塞の場合、耳垢がたまっていることが原因で、耳が聞こえにくくなるようになります。
外耳道炎の場合、耳の中に湿疹や炎症ができ、それらが原因で粘液(膿とか)が発生し、
耳が詰まります。

どちらにしても、耳が詰まって軽い難聴になっている状態です。

【治療】
もちろん病院で治療を受けてください。
この場合の赤ちゃんへの親の愛は、お医者さんに診てもらうことです。
耳垢が取れれば、耳の聞こえは良くなります。

【アフターケア】
赤ちゃんの耳垢掃除をするときは、耳の入り口を軽くふき取るだけにとどめておいたほうが、
無難です。
ふき取るものにベビーオイルをつけて取ると、耳を傷つける可能性が「ぐん」と減ります。

耳の穴の奥のほうにある耳垢は、病院で取ってもらうようにしてください。
自分で取ろうとすると、耳垢を奥のほうに押し込んでしまいやすいからです。
耳垢を押し込んでしまうと、耳垢栓塞になります。
ラベル:症状 原因
posted by みみやん at 18:19| Comment(0) | 耳垢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

耳垢が原因で、犬にも被害 外耳道炎

犬は人とは違い、自分で耳かきをすることができません。
ですから耳垢が耳に残ってしまい、外耳道炎という病気になることがあります。
外耳道炎とは、外耳道に炎症がおきることをいいます。

症状
症状としては、かゆみと臭いが表れます。
外耳道炎になってしまった犬は、まず、かゆみが起こるため、
しきりに耳をかいたり、床にこすりつけたりします。

症状がひどくなると、かき過ぎなどによって痛みを伴うようになります。
そして耳に触られるのを嫌がったり、耳垢が変質して耳から異臭がしたりします。

そのままにしておくと、耳の中の皮膚が腫れて、外耳道をふさいでしまい、耳の聞こえが悪くなったりします。

原因
外耳道炎になってしまった原因としては、
犬をシャンプー後にしっかりと乾かしてあげなかったこと、などがあげられます。

犬の耳垢はそもそも、自然にはがれ、犬が頭を振ると外に排出されるようになっています。
しかし、犬の耳の状態にもよります。

耳が垂れている犬や、
外耳道に毛が生えている犬、
耳にシワのある犬、
耳垢の多い犬などは、外耳道が蒸れやすかったりする他、
耳垢が排出されずに溜まって変質したりして、外耳道炎を招きます。

治療
治療をする方法としては、耳垢を取り除き、清潔にすることが大事です。
まずは動物病院で診てもらいましょう。

その結果、耳垢の溜まりすぎが原因ならば、耳掃除をしましょう。
犬用の耳かきを用意し、ローションをつけて掃除しましょう。
そして愛犬を外耳道炎にならせないためにも、耳のチェックをするように心掛けてください。
ラベル:症状 原因
posted by みみやん at 00:30| Comment(0) | 耳垢が原因の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。